古い鍵は「愛」「富」「健康」の象徴。あなたのために「希望への道」を開きます。ヨーロッパでは古い鍵は「愛」「富」「健康」の象徴で「希望への道を開く」「心の扉を開く」といういった意味を持ちます。また鍵は”家”の入り口を示すため、その家の繁栄を呼び込むとも言われています。何に使う?使い方はあなたの発想次第。愛用のキーホルダーに他の鍵と混ぜて付けてみたり、2重リングなどを使って、古い鍵自体をキーホルダーにしたり。小さいものならネックレスやブローチなどに加工して身に着けるのもおススメです。古いものですので傷やゆがみなどがございますが、1つ1つがその鍵の個性になります。よく見ると歯の形状はもちろん、ヘッド部分なども1つ1つサイズやデザインが異なります。自分とフィーリングの合う1つを見つけてみてください。現代の鍵はブラス(真鍮)製のものが殆どになりますが、当時のものはスチール(鉄)が主材料となり、現在より硬い素材が使われています。現代の鍵と一緒に鍵束に付けておくと、鍵同士の摩擦で使い込むほどに綺麗に磨かれていく「逆エイジング」も楽しめます。